FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叩かれる道具

2016-03-06

おしりを叩かれる時、使われる道具はほとんどが50センチの竹の物差しと以前書きましたが、その物差しは別に僕のおしり叩き専用というわけではなく、普段は普通に物差しとして使われてました。
ただ僕としては、その物差しはおしりを叩かれる時に使われる物であり、その物差しを見たらすぐにおしり叩きを連想してしまいます。
3人も、この物差しを見ると、僕のおしりが叩かれる姿を連想していたと思います。
その物差しを、「おしり叩き物差し」と母が言ってたのも聞いたことがあります。
しかし母はよく裁縫の型紙作りとかにその物差しを使い、ある時は姉や妹も参加してその物差しを使ってワイワイ言いながら型紙を作っていました。
姉や妹の手にその物差しが握られていると、なんとなく気恥ずかしい感じがしていました。

また、別の道具を使って叩かれていたこともあります。
その頃は母が新しいおしり叩きの道具を模索していたのかもしれません。
まず一つは、お布団叩きです。
竹で出来たオーソドックスな物が家にはありました。
ある時、おしり叩きを宣告されたあと、
「今日は物差しでなくて、他のを使って叩こうかしらね。畳の部屋に行ってお布団叩きを持ってきなさい!」
と言われました。
別の道具を使って叩くため、姉や妹も興味深そうに見ている中、僕はお布団叩きを持ってきました。これで叩かれるのは初めての体験なのでドキドキしました。見れば見るほどおしり叩きに最適な形にも見えました。3人にもそう見えていたと思います。
そして母にそれを手渡し、おしりを出しました。母はお布団叩きをしっかり握りしめ、僕のおしりを叩きはじめました。物差しと違って重量を感じるおしり叩きでした。叩く母も、重量がある分物差しよりも振り回しにくいようでした。物差しで叩く時は、なんとなくスナップをきかせてリズミカルに叩いてるような感じがしたのですが、お布団叩きの時は、普通に布団を叩くように、打ちつけるような感じだったと思います。
見てる姉や妹も、ダイナミックなおしり叩きが見れて喜んでいいたようでした。そう思ったのは普段は少し遠くからおしり叩きを眺めてる姉と妹が僕のすぐ間近でおしり叩きを見ていたからです。
そして普段より少し多めに叩かれ、終わった後、
「しばらく、おしりを叩く時はこれを使おうかしらね」
と母が言ったので、母もある程度気にいったようでした。
それからは、母が布団を干して、お布団叩きで布団を叩いている姿を見ただけで、おしり叩きを連想するようになってしまいました。
また、あのお布団叩きの形を見るだけでおしりが叩かれる感じを思い出すようになってしまいました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

お風呂上がり直後のお尻叩き

2016-02-14

数回あったのですが、お風呂に入ってる途中に、母がお風呂のドア越しから「お風呂から上がったらおしりだからね!上がったらすぐに来なさい!」と宣告されたことがあります。
その時は、お風呂からあがったら身体を拭くのもそこそこにリビングに引っ張られお尻を叩かれます。
もちろんお風呂上がりですから僕はスッポンポンでちゃんと服を着た姉や妹の前でお尻を叩かれる羽目になるのです。
今から考えると、わざわざお風呂に入ってる時にお尻叩きを宣告するということは、スッポンポンでお尻を叩くのが目的だったと思えます。
スッポンポンでお尻を叩くことにより、羞恥心を増して罰の効果をあげるためにそうしたのでしょうか。
確かに、スッポンポンで受けるお尻叩きの恥ずかしさは大きなものでした。
今でも思い出すと顔が赤くなります。
逆に、見ている姉や妹には面白かったかもしれません。

「お尻叩きのボク」3

2014-09-14

そして30分以上晒されたあと、バルコニーのサッシのカギがガチャンと鳴り、サッシがガラガラと開けられ、母の厳しい顔がこちらを覗きます。
「どう?少しは反省した?」
僕は母の顔を見上げて必死で頷きます。するとエプロン姿の母がバルコニーに出てきます。
このあといよいよお尻叩きが始まるのです。
母がバルコニーに出てくると、さすがに堂々と見ていた主婦たちもちょっと奥に引っ込んだりしますが、この後のお尻叩きを見逃すはずもなく、奥の方からこっちを見ています。
また逆に引っ込んでいた人たちが、母の声で気付くのか、窓から顔を覗かしてこちらの様子をうかがい始めます。
その中で僕のお尻叩きが始まります。
母は僕にお尻叩きを宣告し、四つん這いになるように命じます。
ベランダが狭いので、僕はバルコニーに平行にお尻を突き出す形で四つん這いになります。
母はサッシ側なので、マンションからは四つん這いになった僕の全裸姿がよく見えるはずです。
叩かれる道具は靴べらが主です。
母の叩き方のスタイルは、僕の背中に左手を置き、右手の手首のスナップを利かせて短いストロークでお尻を叩く感じです。
叩く場所も同じ所ではなく、お尻の全体をを赤くしていく感じです。
ですから叩かれた後にはいつもお尻がヒリヒリするくらいに赤くなっています。
白いお尻がだんだんと赤くなっていく過程は、マンションの人たちにも充分見えていると思います。
叩かれる回数は30~70回くらいです。特に数は数えられません。なのでいつ終わるのかわからないので僕にはとても長く感じられるのです。
お尻の痛みでついつい頭をさげてしまい、額がバルコニーの床のコンクリに当たることがありますが、お尻はもちろん下げることは許されません。
常に上げておかないと怒られます。お尻を下げてしまうと、きつい一発が炸裂し、両手で腰を持ち上げられます。
それが恥ずかしいので、お尻だけは下げないようにしています。
そんな中でも、やっぱり向かいのマンションの様子を気にしてしまいますが、みんな手を止めてじっとこちらを見ています。お尻叩きの途中で奥に引っ込む人はほとんどいません。みんな最後まで見ているのです。
お尻叩きが終わると、だいたいは許されますが、たまにそのままバルコニーに放置されることもあります。
これはまだ罰が足りないという事で、また30分くらいの放置の後、再度お尻を叩かれてしまうのです。

「お尻叩きのボク」2

2013-06-10

締め出しは小三~小四のころからはじまりました。
今なら虐待として通報されるのでしょうが、当時はおおらかだったみたいです。
子供でも素っ裸でベランダに出されるのは、かなり恥ずかしいものがあります。
それに北側の方なので、洗濯物なども干してなく、自分の身を隠すものなどは一切ありません。
僕の目の前には8階建てのマンションが壁のようにそびえ立ち、各部屋のベランダには洗濯物などがぶら下がってます。
そのなかで、隠すものも何もない素っ裸でベランダにいるのは、心細いような恥ずかしさがあります。
素っ裸でベランダに出てると。やっぱり目立ってしまいます。
向かいのマンションのサッシがガラガラと開く音がすると、すごく緊張するのです。
サッシが開いていなくても、ガラス越しやレースのカーテン越しに見られているかもしれません。
どうしても向かいのマンションのサッシ一つ一つに目がいってしまい、そこに人影が見えるとやっぱり緊張します。
30分以上出されてますから、もちろんベランダに出てくる人もいます。
だいたいが、洗濯物やお布団を干す主婦の方々です。
ベランダに出てくると、ほとんどの方が僕に気づきます。
気づいた後は、人によって反応は色々です。
ベランダで仕事をしながら、チラチラこちらに視線を向ける主婦もいれば、手を休め、堂々と笑いながら見る方もいます。
じっくりとベランダの柵に両脇をつけて見る人もいます。
ひどい人になると、自分の娘さんなどを呼んで、二人でじっくりと見たりもします。
そんな時は、二人で何かを話しながら笑われたりするので、話の内容などを想像して恥ずかしさも倍増します。
また、双眼鏡なんかで見られる時もあります。
そんな時も、どれくらいの倍率で自分の裸を見られているのかわからないので、かなり恥ずかしいです。
バードウォッチングで使うような大きな双眼鏡を、主婦の方がこちらに向けられてるときなど、
顔はもちろん、僕の身体のほとんど全てをかなりのアップで見られてるんだと思い、顔が赤くなります。

投稿小説、「お尻叩きのボク」1

2013-06-06

ハードディスクの中に、むかしどこかの掲示板に投稿した小説がありました。アプしてみます。

「お尻叩きのボク」1

子供のころ、真っ裸でベランダに放置という罰をされていたことがあります。
夜が多かったのですが、昼間や夕方にもありました。特に夏休みとかは昼間にも出されることが多かったです。
悪さをすると母に着ているものを全部剥ぎ取られて、ベランダまでひきずられ、放り出されるのです。
サッシには当然鍵がかけられます。
僕はしゃがむしかありません。
でも真向かいのマンションからは、僕が真っ裸なのは丸見えなのです。
僕に気がついた女性なんかは、ベランダに出てきてずっとこっちを見て笑ったりします。
それだけならいいのですが、30分くらいの放置の後、その場でお尻叩きの罰を受けて仕上げなので、お尻叩きの一部始終も見られてしまうのです。
向かいのマンションの方々には、「お尻叩きのボク」として有名だったようです。
うちのマンションは8階建てで、僕の家はその3階です。向かいのマンションも同じ8階建てです。距離は道路をへだてているので20メートルくらいでしょうか?
僕が裸で出されたのは、北側に面した部屋のベランダです。部屋の南側にもベランダがあるのですが、
そちらは3つの部屋につながってるバルコニーなので、そこに閉め出すと3つのサッシ全てに鍵をかけなければならないので、北側の方によく閉め出されました。
ベランダの柵は普通の鉄骨なので、 向かいのマンションからはどこからでも見られてしまってたと思います。
しかもむこう側は南向きのベランダなので、布団や洗濯物を干したりするために奥さんたちがよく出てくるのです。
いったん気づかれたら向うも興味深く見てきます。
奥さん方は、ベランダでじっと見るのは悪いと思うのか、部屋の窓越しから見たり、 5分くらい毎に顔を出しチェックしたりするのです。
困るのは子供たちで、遠慮なしにベランダに出てきて笑いながら指差して見ています。
そして一回それを見られてしまうと、見る方も僕のマンションを見るたびに、僕が裸で出されてないかベランダをチェックするような気がして、服を着たままベランダに出るのも少し恥ずかしいんです。
確かに、ベランダに出てくる奥さん方などは、まず僕の家のベランダに視線を向けたりしているのです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。